便秘 解消

スポンサードリンク

Part-2 便秘は必ず治る!記事一覧

便秘撃退は朝が肝心!

「朝、目が覚めたとき、まっ先に冷たい水を飲むとおなかがグルル・・・っと鳴る」という習慣のある人は、健康的な1日のスタートを切っています。きっと快便タイプの人でしょう。この、「朝コップ一杯の水を飲む」という行為は、腸を刺激するのによい方法なので、ぜひとも便秘の人は取り入れてほしい習慣です。とくに腸の働...

≫続きを読む

 

早起きして朝食をしっかりとろう!

便秘撃退は朝が肝心!というもうひとつのキーポイントは、いつもより余裕を持って早起きし、朝食をしっかりとることです。冷たい水で出ない人も食べものが胃に入ることで、胃・結腸反射が強まり、しばらくすると便意が起こるはずです。また、目からの刺激が胃腸を活発にさせる効果もあります。「朝は忙しくて食事をつくるの...

≫続きを読む

 

夜型人間は早寝からスタート

「そうはいっても朝は食欲がわかない」という人は、夜型の生活、または不規則な生活を送っていないでしょうか。遅い時間に夕食や夜食をとっていたり、自律神経のバランスが崩れていると、当然朝食は入りません。そんな人は生活のリズムを整えることが大切です。いつもより早めに夕食をとり、早めに寝ることから始めましょう...

≫続きを読む

 

便秘のタイプによって違う食事のしかた

便秘対策を考える上でもっとも重要なのが食事です。でも、「なにを、どう食べたらいいのか」という話をする前に、便秘のタイプによって注意してほしいことがあります。たとえば、弛緩性便秘と直腸性便秘は、腸を刺激して大腸のぜん動運動をより活発にする食事をとることが大切です。一方、けいれん性便秘は腸への刺激が強い...

≫続きを読む

 

便秘のタイプ別 食事のしかた

●弛緩性便秘腸の動きを活性化させ、排泄を促すのがポイント。・腸に刺激を与える- 冷たい水か牛乳を起きぬけに飲む- 梅干しのクエン酸や酢の物、にんにく、カレーやわさび、こしょうなどの香辛料を適度に利用する・便の量を増やして排便反射を促す- 食物繊維と水をたっぷりとる・適量のアルコールはOK- ビールは...

≫続きを読む

 

食物繊維で快便を目指そう!

「便秘には食物繊維をとろう」というのは、便秘がちの人ならすでに知っている人が多いと思います。食物繊維とは人間の消化酵素では消化されずにカスになって排出される成分のことです。水分を吸収してスポンジのように膨れあがるので、便のカサを増やしてやわらかくし、出やすい状態にしてくれます。食物繊維の種類には、植...

≫続きを読む

 

水溶性、不溶性食物繊維のおすすめ食材

種類ごとにおすすめ食材を紹介します。()内は、その食材100g中に含まれる食物繊維の総量です。・穀物、いも類弛緩性・直腸性便秘には不溶性の多い玄米、そばがおすすめです。さといも、大和いも、こんにゃくはどのタイプにもぴったりです。- オートミール(9.3g)- 大麦(8.7g)- 干しそば(3.5g)...

≫続きを読む

 

和食を見直そう!

いもの煮っころがしや肉じゃが、筑前煮、ひじき煮、また豚汁やのっぺい汁など、白いごはんによく合う昔ながらの「おふくろの味」は、便秘解消にはもってこいの食物繊維が豊富なメニューです。しかし、最近は「和食より洋食のほうが好きだ」という人が多いかもしれません。食物繊維という点で比べると、洋食より和食のほうが...

≫続きを読む

 

生ではなく温野菜をとろう

「自分は肉を食べたら必ず生野菜のサラダを食べているから、食物繊維は足りている」そう思っている人も多いでしょう。もちろん生野菜にも食物繊維は含まれていますが、レタスやきゅうりなどはほんのわすかしか含まれていません。繊維の多いほうれん草でさえ、生で食べるとカサがあるので、1把まるごと食べるのは大変です。...

≫続きを読む

 

豆のおかずと海藻は毎日とりたいバランス食品

「豆腐はヘルシーな栄養食!」といわれ、海外でも注目されています。豆腐や納豆をはじめ、大豆やあずき、そら豆、枝豆、グリンピース、ゆばやおからなどの豆類や豆製品は理想的な栄養食品です。"畑の牛肉"といわれるほど良質のタンパク質が多く、カルシウムや鉄などのミネラル、ビタミンも豊富です。また、ビフィズス菌の...

≫続きを読む

 

ヨーグルトで腸内環境を整える

「おなかを元気にするために、ヨーグルトを毎日食べている」という人は多いでしょう。私たちの腸の中には、100種類、100兆もの腸内細菌がいます。その中には、大腸菌などの悪玉菌や、人間の体にとって役に立つ善玉菌がいます。その腸内細菌のバランスをとるのが、ヨーグルトです。健康な腸は善玉菌が増えている状態で...

≫続きを読む

 

にんにくとりんごは整腸効果大!

・にんにくのにおい成分が腸を活発にするにんにくはスタミナ強化食品として知られ、疲労回復や風邪予防、不眠解消、生活習慣病の予防などすばらしいパワーを持った食品ですが、便秘解消にも効果があります。そのひとつは、腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やす働きです。善玉菌が増えることで整腸効果を発揮します。さら...

≫続きを読む

 

「繊維ごと食べるジュース」は便秘解消食

りんごに限らず、キウィフルーツやバナナなど、くだものは全般的に水溶性の食物繊維と果糖がたくさん含まれているので、種類を変えて毎食でもとってください。そのまま食べてもいいですが、ミキサーで牛乳や野菜と一緒にミックスジュースにしてしまえば、多種類の野菜とくだものが一度で簡単にとれるファイバードリンクがで...

≫続きを読む

 

プルーンの緩下作用を利用する

「プルーンを食べると便秘が治る!」というのを聞いたことがあるでしょう。プルーンには水溶性の食物繊維であるペクチンが多いため、けいれん性便秘の人にもおすすめです。また、腸のぜん動運動を整えて、活発にするカリウムやマグネシウムも豊富に含まれています。下剤ほど強力ではないですが、自然の持つ緩下という作用も...

≫続きを読む

 

適度な油脂も便の滑りをよくする

「便秘に油がいい」というのは聞いたことがあるでしょうか?適度な脂肪は便の滑りをよくする効果があります。また、脂肪に含まれる脂肪酸が腸を刺激してぜん動運動を活発にさせるため、便秘によいのです。脂肪は緑黄色野菜のカロチンと相性がよく、一度にとれば消化・吸収がよくなります。炒め物はもちろん、にんじん、かぼ...

≫続きを読む

 

おやつにもひと工夫

甘いものが好きな人は、おやつ選びにも便秘解消に役立つものを取り入れましょう。基本は食物繊維が豊富なおやつをとることです。そば粉クレープやヤサイチップスなどを手作りするといいですが、市販のものでもおしるこやみつ豆、大学いも、アップルパイ、炒り豆、ところてんなどがおすすめです。また、ドライフルーツは食物...

≫続きを読む